スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】グイン・サーガ 第23話

「如何なる星の下に」
グイン・サーガ 第二十三話

イシュトヴァーンは傭兵から魔戦士にジョブチェンジ~ クポポ~!

感想

もうクライマックスも間近だというのに、ここへ来て、グインとイシュトヴァーンのメインキャラ2名が、アニメの本筋・最前線から離脱。それぞれに事情・心境は異なるものの、自らの運命を信じて1人駆け出した――といった感じだろうか。この先まだまだ物語が続く事を確信させる展開ではあった。
しかし、続編の有る無しにかかわらず、このアニメも2クールで幕を引く1つの作品だ。それを考えた場合、少なくとも俺の中で盛り上がりに必要不可欠な存在と化している、グインが、主戦場に赴かないというのは残念すぎる。おそらく、原作準拠の展開なんだろうが……ぁ、イシュトは別にどっちでも(コラ ナリスと別れて暴走するのは見えてたしね。
なので、出来ればグインだけは、多少強引でもオリジナル展開にして欲しかった。もちろん、制作サイドもこの手の我侭は重々承知だからこそ、キタイの暗殺者達を差し向けてくれたんだろうが、今回の刺客も含め、あまりにもしょっぱい。ホンットしょっぱすぎるw オリジナル要素の入れ方を間違えたと言わざるを得ないな。


残念ついでにもう1つ、その離脱によって、非常に興味深かったレムスとグインの対話が見られなくなったのもショック。
ナリス同様、腹に一物抱えてはいるものの、もう少し正道よりの道を歩んでくれそうな、俺好みの支配者キャラへと成長しつつあっただけに、あのままグインの帝王学を学び続けてさえいれば……なんて展開が待ち受けていそうで怖い。まぁ、それはそれで面白くもあるが、そこにもやはりグインがいないと。そう思えるほどに、この2人の関係はよく描けてたという事でもある。いや、故に今回の別れでもあるんだが(以下無限ループ)


残る見所となると、ナリスとスカールの連合軍が、アムネリスをどう陵辱するか? どんな声で泣いてくれるか? だけだろうか。本筋の方はもう、よほどカッコイイ作画でも見られない限り、興味を抱けそうにない。
今回開いたグインというでっかい穴を、如何にして埋めるのかが、最終回、ひいてはこのアニメそのものの評価を決めそうだ。


作画・音楽とかアニメ的なこと

グインの旅立ちのシーンにおいて、珍しく植松先生以外の曲、しかも、挿入歌を使用。使われたのは、マスカーニの「“カヴァレリア・ルスティカーナ”の間奏曲」でおk?(聴いた事はあるが名前を知ったのは始めてですサーセン) それを、EDでお馴染みのカノンさんが歌っていた。
で当然、音楽製作にノビヨ師匠を迎えたにもかかわらず、あえて既存の曲を使った意味・演出意図とやらを考えるわけだが、色々調べてはみたものの(歌劇の粗筋読んで原曲聞いたぐらいだがw)、今一つピンと来るものがなかった。強いて挙げるなら、決闘前の別れという事ぐらいか。
まぁ、合ってるっちゃあ合ってるし、綺麗な歌で雰囲気も十分なんだが、なんかスッキリしない。誰か教えてくれませんか?w


その他言いたいこと

予告から溢れ出すガチムt(ry グイン臭がして、そこはちょっと楽しみ。だからと言って、気持ちよく終われるかどうかはまた別の話なわけだが……不安だ。


FC2ブログランキング
【関連リンク】
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/09/10/018/index.html

共有タグ : アニメ 感想 グイン・サーガ 植松伸夫

TrackBack


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サーバーかテンプレの不具合でトラックバックをお返しできない場合があります。申し訳ありません

Comment

Secre

管理人とこのブログについて
訪問ありがとう御座います(`・ω・´)ゞ

二人の猫(仮)

Author:二人の猫(仮)
マイナーチェンジ
駄文同盟.com内蔵AIによる鑑定(マテ
リンクとかフリーです、どうぞどうぞ。
コメントやトラックバックも、もう好きなようにして。
※何気に推奨ブラウザはFirefox。IEでも閲覧可能だけど、IE7以上のバージョンからしか保障できないよ。仕方ないね。


ブログランキングの応援感謝!
FC2ブログランキング
ブログランキング

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ

月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。