スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】古代少女ドグちゃん 第1話

「妖怪 鯉びと 登場」
古代少女ドグちゃん 第一話

イイ女に騙される悦びってもんもある。これも騙されたと思って見てみな? 良くも悪くも伝説になるから。

感想

怪奇ヒロイン・ラブ・コメディ(公式)。前から順番に付け加えるなら、アホ・オッパイ・不条理といったところだろうか?
基本的に、妖怪ハンター・ドグちゃん(谷澤恵里香)が、高校生・誠(窪田正孝)を僕に、妖怪退治をしていく話なんだが、ドグちゃんのバカで元気な古代少女という設定と、誠の引きこもり設定を活かして、現代社会の不条理さを描いていく……体も取ってはいるように思える。
しかしまぁ、制作陣は間違いなく、前者をやりたいんだろう。サブタイの題字を見た瞬間にそれは理解できた。前面に押し出されたB級感にケイオス――このブログらしくアニメに例えるなら、ちょっと出来の良い“朝比奈ミクルの冒険”――俺は嫌いじゃないっ。でもきっとこれはウケないっw


そんな視聴後に一服したくなる感をどう伝えればいいのやら……見てくれるのが一番早いんだが、放送地域に御住まいでない方は、とりあえず設定やあらすじ、PV等を公式HPでご確認を。美味しいかどうかは保障できない、珍味を味わうような作品だ。


映像・音楽とか制作的なこと

実は、スッタフ陣には、映画界の鬼才や旬のクリエイターたちが集結!(MBS公式)。と言っても、文字通り“鬼才”“旬”であって、やはりその手掛けた作品は、癖のある・ありそうなタイトルばかりだw
もう一つの売りとして、ゲスト俳優陣の豪華さもあるが、こちらもまぁ、確かに、実績もあって大物と呼べる俳優さんの名前も見受けられるが、あくまでも、ローカル・深夜特撮ドラマであるという事を、頭に入れておいた方がいいかもしれない。ただ、衣装以上に甘いドグちゃんのワキを固めるには、豪華すぎる面子だとも思う。
あと、アニメブログとしては、ドキゴロー役の朴さんを忘れちゃいけないな。何気に聞いた事が無い声出してるんで、そこだけ注目してみるのも悪くないだろう。


特撮的な事については、もう少し見てみたい。鯉びとの引っかき攻撃や指ミサイル、ドグちゃんの泥団子攻撃なんかは技術要りそうな映像だったが、どこまでチープさを狙ってるのか判断が難しく、素直に「SUGEEEEEE!」と感嘆出来ないんでw


その他言いたいこと

アイキャッチや予告も、古臭いと言うかB級と言うか、こういうのを凄くやりたいんだろうなぁ、といった手の込み具合、気持ちが伝わってくる。
それに対して、最後のドグちゃんジャンケンは何だアレ?w サザエさんに喧嘩売るにしてもチキンすぎるでしょう? 普通のジャンケンでは終わらない、真のドグちゃんジャンケンに期待させて貰おう。


FC2ブログランキング
【関連リンク】
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/10/07/041/index.html

共有タグ : ドラマ 特撮 感想 古代少女ドグちゃん

TrackBack


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サーバーかテンプレの不具合でトラックバックをお返しできない場合があります。申し訳ありません

Comment

Secre

管理人とこのブログについて
訪問ありがとう御座います(`・ω・´)ゞ

二人の猫(仮)

Author:二人の猫(仮)
マイナーチェンジ
駄文同盟.com内蔵AIによる鑑定(マテ
リンクとかフリーです、どうぞどうぞ。
コメントやトラックバックも、もう好きなようにして。
※何気に推奨ブラウザはFirefox。IEでも閲覧可能だけど、IE7以上のバージョンからしか保障できないよ。仕方ないね。


ブログランキングの応援感謝!
FC2ブログランキング
ブログランキング

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ

月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。