スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】古代少女ドグちゃん 第2話

「妖怪 ちちでか 登場」
古代少女ドグちゃん 第二話

おっぱいチャンバラなのだぁウ・ラ・ラッ。

感想

今回はもう妖怪のデザインと名前、発想の勝利。あらゆる不条理・理不尽をオッパイで挟み潰してた……ゴメ、言い過ぎた。


2話目ということもあってか、このドラマにおけるジョークの基本を詰め込んだ、ドグちゃんチュートリアルという感じで、好感の持てる作りだったとは思う。問題はその内容・感触の良し悪しだが、それも俺は嫌いじゃなかった。オッパイだしね。
ストーリーの方も、オッパイの一言に尽きるわけだが、公式にも前面に押し出されてた引き込もリ設定が、もう意味を成さないものになってしまってたのにはちょっと笑った。これもまた、世の中って意外と簡単に出来てるもの、キッカケなんて何でも良いんだという、真理を付いたジョークの内か。
――やる気ねぇならんな設定組むなよw


けどまぁ、やっぱり、合わないと言う人はとことん合わないだろう。悟空が見たら即ギレの空中人間爆発から、それを華麗にスルーしてしまう辺りなんかは特にそうかもしれない。俺も流石にここは、笑っていいものやら真剣に悩んだ。
でも、そうやってリアクションに困るようなジョークこそ、持ち味なんだと思う。別にタブーではないが、なんとなくブラックジョーク的な、w1個ぐらいの笑いといったところか。これを貫いていけるなら、中々面白い作品に仕上がりそうだ。


映像・音楽とか制作的なこと

だいぶ特撮らしい派手な効果が見られるようになって、映像は見てて飽きない。人間爆発なんかはちょいグロかったぐらいだ。中々に汚ねぇ花火だった。
衣装や小物のチープさとシュールさも、良い感じで笑いを誘えてたと思う。特に今回はね。乳首結界陣のセンスにはマジ脱帽した。誰だこんなくだらねぇ発想したのはw
あと、前回EDに触れ忘れてたが、何故か電気グルーヴ。そう言えば、空中ブランコのEDもだったか。変なところと言うか、変なもの同士バッティングしてるのは、業界で流行ってたりするのか?


その他言いたいこと

妖怪・ちちでか役の穂花先生には、何度かお世話になりました。女教師役は流石に堂に入ってる。偉い人は良い人選をした。
一方、ドグちゃんにはまだ照れが残ってるようだ。馬鹿キャラに笑顔は大事なんだろうが、紙一重でヤケクソの演技に見える。それが良い味を出してると言われれば、そうかもしれんけどね。


FC2ブログランキング
【関連リンク】
http://journal.mycom.co.jp/column/nemurenai/010/index.html

共有タグ : ドラマ 特撮 感想 古代少女ドグちゃん

TrackBack


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サーバーかテンプレの不具合でトラックバックをお返しできない場合があります。申し訳ありません

古代少女ドグちゃん2話(妖怪ちちでか)の感想

 古代少女ドグちゃん2話(妖怪ちちでか)を観ました。今週の妖怪は、巨乳女性の怨念と長生きをしたハチとが合体した妖怪でした。その名も、妖...

Comment

Secre

管理人とこのブログについて
訪問ありがとう御座います(`・ω・´)ゞ

二人の猫(仮)

Author:二人の猫(仮)
マイナーチェンジ
駄文同盟.com内蔵AIによる鑑定(マテ
リンクとかフリーです、どうぞどうぞ。
コメントやトラックバックも、もう好きなようにして。
※何気に推奨ブラウザはFirefox。IEでも閲覧可能だけど、IE7以上のバージョンからしか保障できないよ。仕方ないね。


ブログランキングの応援感謝!
FC2ブログランキング
ブログランキング

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ

月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。