スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】古代少女ドグちゃん 第4話

「妖怪 無礼香 登場」
古代少女ドグちゃん 第四話

サザエでございまーす。

感想

朴ゴロー「一万年前、ストレス解消のために時々吸うことを許されたお香の一種ドキ↑ 今で言うところの“アロマ”ドキ↓」


覚醒剤ですね、わかります。


そんなわけで、今回は芸能界の覚醒剤ブームに乗り、現代・古代を問わず人間社会にあるストレスを描いた話。
そう、「覚醒剤いくない!」なんて今更な事を描いた話じゃない。あくまでも、ストレスとどう向き合うのか? といった話で、逆説的に、様々なストレスの解消法・発散方を描いてたとも言えると思う。お香で普段言えない事が言える状態になるのは勿論のこと、店長のセクハラにお尻触って然り、誠の店員目当ての食堂通い然り、ドグちゃんの料理、食事そのものもそうかもしれない。
けど、それが他人にとってのストレスになってしまう、場合もある――そんなパラドックスみたいなもんを、なんとなく考えさせられた。


これまでとは違う妖怪の設定、それをどこかはぐらかすようなドグちゃんの説明なんかからも、そういう矛盾みたいなのは感じたかな? 人間の醜い心と妖怪の存在についてとか、責任の所在をどこに求めるじゃないが、何を悪とするのかとか、水之江小町(山田キヌヲ)の出した定型の答えで本当に良かったのか? とか。
ただまぁ、こっちはよくある問いかけなんで、そんなに面白くもないし、ドラマの色にそぐわない気もするから、勘弁して欲しいというのが正直なところ。この辺は、あまり難しい真似はせず、シンプルなお馬鹿勧善懲悪で良いと思うんだ。クリーチャーの醜い姿で何かを伝えようなんてのも、必要無い。


んなところかしら。前回からちょっと風刺が効きすぎてると言うか、テクニカルになりすぎてる印象。もっとメリハリを付けてみようぜ。


映像・音楽とか制作的なこと

何だかんだ↑で言いつつ、妖怪のデザインとクオリティの高さが光ってた。見たまんまの動きやグロさもさることながら、人の醜い部分の怖さというのを、中々に表現できてたと思う。だからこそ、その気合の入りようが気に入らなかったりもするんだがw 今回はその努力を褒めざるを得ない。次は謎の仮面売人のような微妙な奴を期待。


その他言いたいこと

当初思ってたよりもずっと真面目。突き抜けた馬鹿らしさとか、技術の無駄使いに期待してたんだけどなぁ。そっち成分が足りんぜ。
ドグちゃんジャンケンにも期待するような捻りは見られんし。格言足すとか中途半端なことすんなw とりあえず、ジャンケンでボケようぜMBSさん。例えば、ローカル・マイナー、あるいはルール無用な反則手が、いくらかあるだろう? まずはそういうのからいこう。


FC2ブログランキング
【関連リンク】
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/10/29/012/index.html

共有タグ : ドラマ 特撮 感想 古代少女ドグちゃん

TrackBack


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サーバーかテンプレの不具合でトラックバックをお返しできない場合があります。申し訳ありません

Comment

Secre

管理人とこのブログについて
訪問ありがとう御座います(`・ω・´)ゞ

二人の猫(仮)

Author:二人の猫(仮)
マイナーチェンジ
駄文同盟.com内蔵AIによる鑑定(マテ
リンクとかフリーです、どうぞどうぞ。
コメントやトラックバックも、もう好きなようにして。
※何気に推奨ブラウザはFirefox。IEでも閲覧可能だけど、IE7以上のバージョンからしか保障できないよ。仕方ないね。


ブログランキングの応援感謝!
FC2ブログランキング
ブログランキング

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ

月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。