スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】古代少女ドグちゃん 第5話

「妖怪 カニ光線 登場」
古代少女ドグちゃん 第五話

資本主義の権化、浅川昇さん(40)。すごく……滑舌悪いです。

感想

サブタイの響きのまんま、蟹工船ネタ。“もうしま”の紹介とwiki程度の事しか頭に入ってなくても(授業とかでも出たかな?)、それくらいは分かる。
しかし、元ネタは確か、劣悪な職場環境――現場の汚さ、偉い人たち・社会の汚さ――が売りの作品だと記憶してるが、そういう部分を描いたというよりは、むしろ、労働者側の問題を皮肉ってたように感じた。
ニートという言葉や、ゆとり向けの漫画版マルクス光線などの直接的な表現はもちろん、妖怪に汚染されてることを除けば、わりと当たり前な現場の光景や社訓だったり、妙に可愛いのぼるちゃん(井口昇)のキャラクターや、それを囲んでボコるゆとりの図など、前回同様、ちょっと考えさせられる内容だ。


けど、そういう風に感じたり、考えさせられてしまう事こそ、現代社会の問題なのかも?
――って辺りがミソだと思うんだが、どうだろう? 純粋に夢を追える自分、誰もが夢を追える社会、まさに夢だわな。俺にもそんな夢見る時期がありました。
でも、今は寝てる時にも見られないわw


映像・音楽とか制作的なこと

車で逃げ帰るシーンの漫画的表現はGJだった。人物紹介テロップもそれっぽいけど、こっちは映画のパロかな? フォントから旧映画の。でも、敬称付けるのはおかしいか? ちょっと分からない。新旧どっちか見ておくべきだった。
ドグちゃんのマルクス光線の方も、良いCGだったと思うが、こっちは、「マルクス先生 小林多喜二先生 ありがとう!」をヤリタカッタダケーな気がしないでもない。こういう細かいネタ好きだから良いんだけどねw


その他言いたいこと

そういえば、のぼるちゃんの頭のデザイン、光線銃持った手、ありゃ何だ? いや、ダジャレなのは分かる。デザインの方な。何かのパロだろうか? 女性の手のようにも見えたが……
そういうネタの解説を、ドグちゃんジャンケンの格言に混ぜてみるのはどうだろう? そろそろ、このコーナーにも意味を持たせようぜw


FC2ブログランキング
【関連リンク】
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/07/05/009/index.html

共有タグ : ドラマ 特撮 感想 古代少女ドグちゃん 蟹工船

TrackBack


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サーバーかテンプレの不具合でトラックバックをお返しできない場合があります。申し訳ありません

古代少女ドグちゃん5話(妖怪カニ光線)の感想

 古代少女ドグちゃん5話を見ました。今週は、カニ光線というカニの妖怪で、人間を洗脳して不当に働かせるものでした。しかも、カニの缶詰...

Comment

Secre

管理人とこのブログについて
訪問ありがとう御座います(`・ω・´)ゞ

二人の猫(仮)

Author:二人の猫(仮)
マイナーチェンジ
駄文同盟.com内蔵AIによる鑑定(マテ
リンクとかフリーです、どうぞどうぞ。
コメントやトラックバックも、もう好きなようにして。
※何気に推奨ブラウザはFirefox。IEでも閲覧可能だけど、IE7以上のバージョンからしか保障できないよ。仕方ないね。


ブログランキングの応援感謝!
FC2ブログランキング
ブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ

月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。