スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】古代少女ドグちゃん 第6話

「妖怪 人形つかい 登場」
古代少女ドグちゃん 第六話

逆に高級ラブドールが欲しくなってきた。

感想

これまでで一番後味の悪い、エグい話だった。家族を失った孤独な中年がラブドールに娘を投影するとか、ジョーク、もとい、洒落になってねぇw そう感じるのは男の視点だからか、子供がいないからか?
同じ男である筈の誠は「幽霊」という言葉で、おそらく、父親・佐山淳一(斉木しげる)は娘の魂が人形に宿ったと思い込んでいた、と綺麗な解釈をしたんだろうが、もっとドロドロとした欲望に塗れた解釈があるだろう……注文し、妖怪が取り付き、喋りだすまでは、ラブドール以外の何者でもないのだから。


まぁ、退治後の回想や、絵に描いたようなBADENDを見て、『寂しかったんだな』『事故で死なせてしまった事への贖罪なんだろうな』と、同情するでもないが、複雑な気分になるのも間違いじゃないし、それ自体嘘でもない。が、そういう面とはまた別の、性的欲求と言うにも温い、本当にどうしようもない部分、救いようの無い性ってのはやっぱりあるもんだと思う。


ラブドールに小学生の格好をさせて愛でる中年の姿から、孤独や、償いの気持ち、純粋な愛を感じる前に、狂気のような何かがそこにある事を忘れちゃいけない、目を背けちゃいけない。風刺されているのは、そういう男ならではの部分なんじゃないだろうか? 無論、そんな解釈をしている俺も含めて。


映像・音楽とか制作的なこと

ドラマパートが結構長かった分、特撮的な要素は少なめ。けど、生きていそうなラブドールの表現は絶妙。人形と人間、双方に特殊メイクを施して使っていたか? 顔は勿論、腕や足もそんな風に見えたカットがあった。
あとは、これまでにも所々で感じていたアフレコっぽい音声。なんか今回は、全編アフレコっぽく聞こえたんだが、何か演出意図があるんだろうか? フィルムで撮影したようにも見えんかったし……気になる。


その他言いたいこと

恒例となってきたドグちゃんジャンケンについて。もう出す手の方はどうでもいいが、今回の最後の一言は何気に意味深だった。「人間皆、孤独なんだよっ。バイバ~イ!」。
そんな事ねーよとか、そうかもしれんなとか、言って欲しいのか? 欲しいんだろう? だが断る。つか、ドグちゃんのくせに何急に真面目な事言ってるんだかw 違うだろう。もっとお馬鹿路線を走ってくれよ。


FC2ブログランキング
【関連リンク】
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/08/18/034/index.html

共有タグ : ドラマ 特撮 感想 古代少女ドグちゃん

TrackBack


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サーバーかテンプレの不具合でトラックバックをお返しできない場合があります。申し訳ありません

古代少女ドグちゃん 第六話 人形つかい

『妖怪 人形つかい』内容最近、幽霊が目撃されるという噂があった誠(窪田正孝)は心配するが、気にしないドグちゃん(谷澤恵里香)そんななか、1人の女性(岡野真那美)に道を尋ねられる。。向かったのは佐山淳一(斉木しげる)というお宅。佐山は、道を聞いてきた女性...

古代少女ドグちゃん 第6話「妖怪 人形つかい」

第6話「妖怪 人形つかい」

Comment

Secre

管理人とこのブログについて
訪問ありがとう御座います(`・ω・´)ゞ

二人の猫(仮)

Author:二人の猫(仮)
マイナーチェンジ
駄文同盟.com内蔵AIによる鑑定(マテ
リンクとかフリーです、どうぞどうぞ。
コメントやトラックバックも、もう好きなようにして。
※何気に推奨ブラウザはFirefox。IEでも閲覧可能だけど、IE7以上のバージョンからしか保障できないよ。仕方ないね。


ブログランキングの応援感謝!
FC2ブログランキング
ブログランキング

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ

月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。