スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期(9月終了アニメ)を評価してみないか?6

富野御大のコラージュ?

なんか最近、ピッコロさん(ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)に冷たくあしらわれてる気がするので、恒例のアニメ評価企画に参加してご機嫌をとってみる。
「あ? 今更評価企画とか遅ぇよw」なんて事言う奴は修正してやるっ。

※評価するポイント・詳細等は本家で。とりあえず5点満点制。ただし、点数は俺基準で付けざるを得ないんで、以下参照。


5(神、上等、愛してる)
4(良い、感心、好き)
3(ならばよし、普通)
2(今一つ、惜しい)
1(嫌いです)


――とまぁ、大体こんな感じ。ご理解よろしく。作品の並び順はコピペだが、たぶん、視聴した作品の放送が終了した順番。おk?


涼宮ハルヒの憂鬱二期

涼宮ハルヒの憂鬱・京アニサイトへ

ストーリー 1

エンドレス8とかないわー。その構成のみでマイナス5、つまり0点だ。でも、他の単発エピソードはわりと楽めたんで有情補正。

キャラクター性 4

映画作りのエピソードで、描くべきところを描いたのには好感が持てる。見たくなかったと言う人もいるかもしれんが、俺は好きだった。

画 4

京アニ。最初から叩くつもりで粗探しをしない限り、文句なんて言えないだろう。

演出 2

エンドレス8でやった事、やりたかった事、やってみせた事は素直に評価したい。でもないわー。

音楽 3

劇中BGMは1期から変わらずだったか? 印象に残るような音も無いんで、特に言う事も無し。OP曲の方は1期よりもハルヒらしくて、凄く良かったと思う。

総合的な評価 2

エンドレス8。これのおかげで全ての印象が悪くなった。作品は勿論、その上や裏も。チャレンジ精神という言葉すら、胡散臭くて使えなくなってしまった。作品の面白さは保障済みなのにね。勿体無いわ。


シャングリ・ラ(SHANGRI-LA)

シャングリ・ラ(SHANGRI-LA) 公式ページへ

ストーリー 2

國子の明日への戦いを描いたアニメとして評価するなら、3点付けたい。ただし、放送分の感想にも書いた事だが、メッセージをいくらでも込められそうな、美味しそうな設定を並べていたにもかかわらず、それを活かした話を作れなかった、作ろうとしなかった辺りが不満。なので、1点引いてみた。惜しい、あまりにも惜しい。

キャラクター性 3

オカマ無双。モモコ姉さんとミーコのインパクトは、キャスティングの妙と相成って、あと何年かは記憶に残るだろう。主役級のキャラクターはすぐ忘れそうだがな。

画 2

もの凄く頑張ってはいた。頑張ってはいたが、崩壊を食い止めるのが精一杯って印象。まぁ、キャラデザからして難しいんだろうが、同じ村田蓮爾キャラの過去作と比べると、やっぱり微妙かもしれん。

演出 2

変わった事をやりゃ良いってもんじゃないが、作品の色・特徴を出せてたとも思えない。「○○を描きたいアニメだから、ここにこだわった」ってのが欲しかったかな? そういうのを出せる題材・作品だったと思うんで。

音楽 3

こここ、ここぐらい褒めておこうとかっ、そんなつもりじゃないんだからねっ。――空気を読み続けたED、作品の象徴と位置付けて使い続けたっぽい気がしないでもないOP、その姿勢を評価したい。歌そのものも良いしね。でも、劇中BGMの薄さで引く1。

総合的な評価 3

悪くはないが、色々と惜しい、惜しすぎる作品。もっと上を狙える題材だったのに、勿体無さ過ぎる……


咲-Saki-

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイトへ

ストーリー 3

安心のベタさ、と言うより作業。この手の作品はこれで良い思う。色んな作業の仕方を見せてもらったし、それがとても面白かった。

キャラクター性 5

決勝卓に座った20名全員、どんなキャラだったか憶えてる。女子ばっかりの、所謂、萌え系の作品でのこれは凄い。ネタコラも未だに笑いを取れる。素晴らしいキャラクターたちが揃っていた。満点。

画 4

終始安定した作画で、粗探しをしない限り、文句の付けようがない。でも、個人的にはCG班を褒めてあげたい。GJでした。

演出 5

何を見せるべきか、どこで魅せるべきか、とてもよく分かってたアニメ。毒も無く、誰にでも楽しめる作風に仕上がってて、本当に素晴らしい仕事だと思う。

音楽 2

劇中BGMが思い出せないが、SEはわりと面白かった。OP曲は微妙だが、EDの麻雀電波ソングは作品にピッタリだった。つまり、一長一短。流れと気分的に1引いてみたって感じ。

総合的な評価 4

これは良いアニメだ。麻雀知らない人でも楽しめるし、知ってる人ならより楽しめる。例外があるとすれば、真剣に麻雀を見たいガチ勢だけだろう。面白かった。


蒼天航路

蒼天航路 - 日テレ系アニメ「蒼天航路」公式サイトへ

ストーリー 1

原作を読み込んでる人なら、1と0以外の選択肢は無いだろうが、とりあえず、蒼天航路、もとい、三国志という題材の枠には収まってたんでプラス2。しかし、いつ最終回を迎えるか知らなかったような〆方、全ての視聴者の涙に、マイナス1。誰も得をしない大した脚本・構成だったのだ……

キャラクター性 3

曹操を魅力的に描く事こそ、この作品の存在意義なのだが……俺には、劉備の方が魅力的に映った。これを好としていいのか疑問に思わなくもないが、ならばよし。

画 3

崩壊するような事も無く、安定はしてた。呂布の最後なども良作画回と言えるだろう。ま、劇場版エヴァのトレs(ry オマージュなんかもあったが、なに、気にすることはない。

演出 2

「俺のやりたい三国志」をやりたかったのは分かる。その気持ちは大事だ。が、それが全くの見当違い的外れ、挙句、出来が悪いでは、文字通りお話にならない。蒼天ファンだけでなく、三国志ファンもガッカリした事だろう。しかしまぁ、作り手も知らない細かい部分まで網羅してるファンがごろごろいるアニメなんて、作り辛いことこの上無いとマジで思うしw 有情補正入ります。

音楽 2

OPは大人の事情。そこに突っ込む気はないが、劇中BGMの少なさが痛い。EDは悪くなかった。

総合的な評価 2

近年稀に見る残念なアニメ化。ただ、原作は勿論、三国志にも全く触れた経験が無い人には、アリかもしれない。派手なバトル物として見れば及第点に達してるっすよ。


青い花

週刊青い花 -フジテレビ“NOISE”TVアニメ『青い花』公式サイトへ

ストーリー 4

ハートフル百合アニメ。修羅場を描きながらも、優しさを忘れない、暖かいお話に仕上がってて、気持ち良く見られた。1点引いたのは、原作者の作品履歴から、もう少しドロドロとした展開や、同性愛について深く切り込むような、重いお話に期待していたもんで、そのガッカリ感の分。ほぼ文句無しの満点です。

キャラクター性 3

ちとインパクト不足な感は否めないか? リアルのようでリアルでないと言うか、フワっとした印象しか残ってないと言うか、“百合”をやれるキャラクターたちだったんだと思う。綺麗で、それが作風だとも思うけどね。辛めに。

画 4

新進気鋭のアニメーター・田中宏紀がフル稼働したアニメでもあるが、それはそれとして。派手なアクションこそないが、背景等雰囲気を大切にした味のある作画で、良い演技をさせてた。良い。

演出 4

具体的にどうこうというのは挙げ辛いが、雰囲気がある。良い仕事をしてくれた証拠だろう。ただ、まずお話が良いから、ってのもあるにはある。余計な味付けをしなかったのが幸いした、とも言えるかもしれない。

音楽 3

すごく……普通です……。作品に色を添えるでもなく、ただただ作品に合ってた、それ以上でもそれ以下でもない印象。良い空気だったと褒めるべきかw

総合的な評価 4

題材から苦手と言う人はともかく、文学的な百合作品なんで、性別は選ばず、どちらかと言えば万人向けっすよ。普段アニメ見ない人にもオススメ。


東京マグニチュード8.0

「東京マグニチュード8.0」公式サイトへ

ストーリー 2

タイトルにある地震用語を、事故や病気のものに置き換えても書けるお話。最初からズレていた。でも、そのストーリー自体は悪くなく、きちんと描ききった点は評価したい。当然だ。どこにでもある有り触れた本なのだから。

キャラクター性 2

心は描けてたと思うが、制作側の都合で動いていた。動かさざるを得ない事情もあった。そのせいか、突然の奇行が所々で見られて、茶番に見えたり、説得力に欠けたりと、少々残念な事に。これも最初からズレてるせいなのだ……。

画 3

背景命。頑張ってた。キャラクターも動かしやすそうな線で、実際そこそこ動いていたが、力を入れるポイントがズレてる気がしないでもない。

演出 3

描きたかった事や、意図はハッキリ伝わってきた。その点については、文句どころか絶賛しても良いくらい。しかし、何もかもが見え透いていて安い、安すぎる。

音楽 2

劇中BGMが何一つ、メロも全く思い出せない。大変だ……ボケたか? OP曲が作品と合ってない気がするのもそうか? いや、タイトルには合っているか。EDの方は作品にピッタリだった。

総合的な評価 2

何が悪いかってタイトルが悪い。企画が悪い。まず、地震という題材を消化しなきゃいけない、そのために綿密なリサーチをと、自衛隊や消防などに協力を得たはいいが、対面的にも社会的にも、人としても、印象を悪くするような描写が出来ず、実際起こりうるトラブルが描けない。その上、描きたいテーマは別と、最初から何もかも噛み合っていなかった。こんなに雁字搦めにされちゃ、現場がいくら頑張っても良い作品は生まれないよ。それがもうカワイソウでカワイソウで、思わず涙しそうになる作品だった。


大正野球娘。

TBSアニメーション・大正野球娘。公式ホームページへ

ストーリー 4

最初に掲げた目標を見失わず、一直線。誰にでも楽しめるように配慮した遊びも忘れてない。それでいて、大正時代における女性の社会進出という裏テーマも、ぶれずに描けていたと思う。良い。

キャラクター性 4

定型ながら、役割のハッキリしたキャラクターたちを、主人公の小梅を中心に巧く回してた。ただ、その周りにいるキャラクターたちを、もう少し深く描いてもよかった。まぁ、チーム全員を描くには、あまりにも短い尺。仕方ないね。有情補正だ。

画 3

ヌルヌル動いたり、面白いカットがあったりしたわけじゃないが、野球初心者を描く事へのこだわりは、見事と言うしかない。バンクの頻度も低めギリギリストライクです。

演出 4

映像的な演出効果は薄い。しかし、大正時代の風景を見せよう、という気合は半端じゃない。「本当にそれ大正にあったのか?」「大正時代じゃねーw」なんて疑問に思った方は、一度調べてみるといいだろう。おそらく、それらは全て実際にあったものだから。面倒臭いって方はコメ欄にどうぞ、俺は全ての疑問にソース付きで答えられる自信がある……たぶんね。でも、そう言いたくなるほど、しっかり作り込まれてます。勿論、明らかに創作と分かるそれは別の話でw

音楽 4

OP、ED、劇中BGMのどれもが、雰囲気を大切にした曲。挿入歌に大正当時の流行歌を使用したりもして(鼻歌もあったか)、音楽面へのこだわりも素晴らしかった。そのこだわりをSEにも……で、マイナス1点。

総合的な評価 4

スポーツ青春ラブストーリーに大さじ一杯のコメディ。誰にでも楽しめる良作。多少、百合要素も含まれてたりするが、おまけのおまけ程度で、むしろ健全な男女の恋愛にキュンキュンしたり、当時の社会が見られたりもするだろう。9月終了アニメの中じゃ、一番のオススメ作品かもしれない。面白かった。


ハヤテのごとく!!

ハヤテのごとく!! 公式サイトへ

ストーリー 3

恋愛を前面に押し出した2期。原作の恋愛絡みのエピソードで構成され、丁寧に描けてた。だが、何も知らずに1期のノリを期待した人には、退屈だったかもしれない。その辺のギャップや、1期とのすり合わせが今一つだった点は、マイナス要因と言わざるを得ない。難しいところだけどね。

キャラクター性 3

ヒナギク無双により、一応ヒロインとして位置付けられてナギが空気化。人気投票回にもそれは反映されてが、何もかも原作通りなのだ……。何故こうなったのかは畑先生に聞いてくれ。

画 3

キャラデザの変化に違和感を覚えた人もいるだろうが、またしても原作通りなのだ……。畑先生にk(ry

演出 2

序盤のテンポの悪さは否定しようがない。描きたい恋愛を優先しすぎて、笑える話のチョイスやネタの微妙な間まで、構成に盛り込めなかったのがそもそもの原因か。中盤以降は、テンポも良くなって現場での指示も効き始めた、といった印象。別に悪かないんだけど、なんか点数低くなっちゃった。

音楽 3

2期ものということで、劇中BGMにはもうどうこう言えない。嫌でも馴染んでくる。OP・EDの方も、2期の方向性には合ってて良かった。曲の良し悪しに関しては特に無し。

総合的な評価 3

1期しか見てない方には信じられないかもしれないが、ハヤテって、一本筋の通ったちゃんとした物語なんだよね。そんな原作に忠実故、見終わったという感じがしない。今の段階で総合点付けるの難しいわ。


グイン・サーガ

GUIN SAGA - グイン・サーガ 公式ページへ

ストーリー 3

128巻出てる小説の1~16巻までを2クールで……これは厳しい。厳しいけど、オリジナル展開などを交えそれなりに纏められてた。このやり方自体は嫌いじゃない。ただ、そのオリジナル要素が、原作未読でもそうだと分かるほど陳腐だった点は残念。

キャラクター性 4

圧倒的な存在感を示した主人公・グイン。マジパねぇ。まさにグインのためのアニメだった。本当は5点付けたいところなんだが、ただ1人の圧倒的な存在が、周りを霞ませてしまうのはよくある話。思い切って、本当の意味でグインを描く事のみに徹していれば、満点付けられたかも。

画 3

放送分の感想にも散々書いたが、グインを動かす時のみ、アイデア・発想に溢れたファンタスティックな作画が見られた。ただし、ネットでよく言われる「作画」の良し悪しを基準に、作品を通して評価するなら、今一つ。間を取って3点です。

演出 4

グインを描く事、魅せる事へのこだわりが素晴らしい。作品に対しても映像面に対しても、こだわり抜いていた。反面、グイン以外のキャラクターが活躍するエピソードとなると、普通、あまりにも普通。ストーリーを消化する作業へ徹しているようにも感じられ、退屈極まりなかった。ここで2点マイナスしてもいいくらいだが、好きな作品なんで有情。

音楽 5

1度だけ使われたカヴァレリア・ルスティカーナを除けば、このアニメで流れる楽曲全てが、植松伸夫ことノビヨ師匠の曲。曲の良し悪しは言うまでもなく、アニメ音楽初挑戦ながら、『グインのテーマ』なんてこれ以上無いテーマ曲を作り上げ、サントラに収録された総曲数も42曲(公式HPのインタビューによれば書き直しやボツも相当あった様子)に上るなど、ネームバリューなんぞに負けない高次元の仕事を見せてくれた。その辺は音楽に関わったスタッフが誰より分かっていた事だろう。常に映像と合わせた選曲を心がけていたと思うし(ノビヨ師匠のイメージとは違う使い方もあった)、壮大なればこそブチ切る、といった効果的かつ斬新な使い方も見せてくれた(賛否両論あるだろうが俺は好き)。なんせ、音楽だけでも見る価値在りです。

総合的な評価 3

序盤の盛り上がりに比して、2クール目はgdgdだった。その印象は否めない。理由は簡単、グインの出番が減ったからだ。グインによるグインのためのアニメならば、5点付けたかも?


ベストキャラクター賞

グイン

グイン(グイン・サーガ)

3月終了時の「上条さん」を超える、主人公の中の主人公。事実パナいその力と頭脳もさることながら、制作陣からの愛され方も別格だった。俺の中では文句無しの受賞。あえて次点を挙げるとすれば、咲-Saki-の原村和、のどっちだろうか? オッパイ的にクリティカルヒットだったんで。


ベストOP賞


他のも混ざってるけどここしか見つけられかったんで……サーセン
「グインのテーマ」(グイン・サーガ)

このタイトルを付けられる自信、グインのための曲を書けた、とノビヨ師匠が言ってるわけだ。誰が否定できよう? この曲以上に、このアニメに相応しいOP曲は存在しない。受賞のポイントはその一点のみで十分だ。次点を挙げるなら、大正野球娘の「浪漫ちっくストライク」。こちらもかなり良かったが、グインのテーマに漲る謎のパワーに負けた。


ベストED賞


他のも混ざってるけどここしか見つけられかったんで……サーセン
「Saga~This is my road」(グイン・サーガ)

パッと思いつくものが無く、正直、かなり悩んだ……が、仕方ないねw けど、OPと違ってこちらは、カノンさん自身による作詞作曲。にもかかわらず、ノビヨ師匠に負けないくらいアニメの世界観を見事に捉えてた。やぱり、作品に合ってるってのが一番だろう。


ベスト声優賞・男性

劇団俳優座によるプロフィールへ

小山力也(呂布:蒼天航路)

うぅ~~↑ うぅ~~↑↑ うぅ~~↑↑↑ アァァァー! アァァァー! まぁぁぁぁぁぁあああああああああああぁぁぁー!! 最高でした。


ベスト声優賞・女性

大正野球娘。~乙女達乃青春日記~ ~声優コメント 小梅~ページへ

伊藤かな恵(鈴川小梅:大正野球娘。)

『宙のまにまに』や『しゅごキャラ』でも主役を張ってて、この期は大活躍。文句無しだろう。しかし、あくまでも大正野球娘の小梅で。演技のみならず、第1話での挿入歌やEDも担当するなど、中外両方で頑張ってたからね。つか、パイのパイのパイ可愛すぎだろjk。


企画に参加した感想

最終回まで通して見てないんで評価からは外したが、【かなめも】【GA 芸術科アートデザインクラス】【宙のまにまに】【CANAAN】なども半分くらいは見てる。それでなくとも1クール物3本完走と、豊作の季節だった方だと思う。今期はマジ見てないから。おかげで、日曜朝アニメが一番面白いという困った事になってる。次の評価企画どうなることやらw


FC2ブログランキング

共有タグ : アニメ 声優 感想 咲-Saki- シャングリ・ラ グイン・サーガ 大正野球娘。 東京マグニチュード8.0 青い花

TrackBack


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サーバーかテンプレの不具合でトラックバックをお返しできない場合があります。申し訳ありません

Comment

Secre

管理人とこのブログについて
訪問ありがとう御座います(`・ω・´)ゞ

二人の猫(仮)

Author:二人の猫(仮)
マイナーチェンジ
駄文同盟.com内蔵AIによる鑑定(マテ
リンクとかフリーです、どうぞどうぞ。
コメントやトラックバックも、もう好きなようにして。
※何気に推奨ブラウザはFirefox。IEでも閲覧可能だけど、IE7以上のバージョンからしか保障できないよ。仕方ないね。


ブログランキングの応援感謝!
FC2ブログランキング
ブログランキング

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ

月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。