スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】咲-Saki- 第10話

「初心者」
咲-Saki- 第10局
「三流に相応しいおめでたい脳みそだな! 片腹大激痛ぅ」

ただの腹痛じゃねーかw

感想

メガネ率100パーの次鋒戦なんぞとっとと切り上げて、百合百合のどっちオッパイと天江衣(CV:福原香織)タソの尺を伸ばそうぜ! 的なノリに、なりそうでならなかった所が良かった。
きちんと先鋒戦後に、各校代表選手の感想や、意気込みなんかが聞けるのは、部活らしい清々しさが出てたと言うか、見てて気持ち良い。中でも、龍門淵の井上純に言わせたセリフ「でもまぁ、楽しかったわ……またあいつらと打ちたいね」は、麻雀のイメージアップまでも念頭に置いた素晴らしい言葉だった(マテ いや、『みんな麻雀が好きなんだ』という一番大事なメッセージを伝えるのに、これ以上は無いだろう。


肝心の次鋒戦の方も、鶴賀学園の妹尾佳織(CV:新谷良子)が四暗刻をアガる事で、素人が打ってもこういう事が起こり得る、という麻雀の奥深さ、怖さが、十分描けてたと思う。
さらには、俺の中で空気扱いだった鶴賀学園の存在も印象付けられて、アッサリしてるようで中々濃い内容だった。


あと、中学時代の久と福路の部長同士の因縁が明らかにすることで、今一つハッキリしなかった久の雀力に、期待を抱かせるような引きも良い。強敵による解説は、その強さに説得力を持たせるし、対戦順も含めて効果的だ。


こういった辺り、結構巧いと言うかしっかりしてるんだけど……どうしても、百合やのどかのオッパイに目が行ってしまうのは、そういう仕様だからなんだろうな。仕方ないね。


作画・音楽とかアニメ的なこと

仮眠室で畳んだスカート・スカーフ・ソックスなどに、質感を出す処理を施すその心意気に恐れ入った。
そのカットを挟む必要すらねーだろw


その他言いたいこと

アガリは自己申告優先なので、実は、妹尾佳織の四暗刻は不成立だったりするわけだが、そこは公式の学生大会。「清く正しく」の一文がルルブに記載されてるくらいはあるだろう。ツッコミは野暮ってもんです。


FC2ブログランキング
【関連リンク】
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/02/020/index.html

共有タグ : アニメ 感想 咲-Saki- 麻雀

TrackBack


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サーバーかテンプレの不具合でトラックバックをお返しできない場合があります。申し訳ありません

Comment

Secre

管理人とこのブログについて
訪問ありがとう御座います(`・ω・´)ゞ

二人の猫(仮)

Author:二人の猫(仮)
マイナーチェンジ
駄文同盟.com内蔵AIによる鑑定(マテ
リンクとかフリーです、どうぞどうぞ。
コメントやトラックバックも、もう好きなようにして。
※何気に推奨ブラウザはFirefox。IEでも閲覧可能だけど、IE7以上のバージョンからしか保障できないよ。仕方ないね。


ブログランキングの応援感謝!
FC2ブログランキング
ブログランキング

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ

月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。