スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】シャングリ・ラ(SHANGRI-LA) 第11話

「胡鳥夢幻」
シャングリ・ラ(SHANGRI-LA) 第十一話

お外には“ロリコン”っていう怖いモンスターがたくさんいるんだよ。

感想

物語的にちょいと唐突だったが、香凛を引き篭もりから立ち直らせたエピソード。その問題定義をするような内容もさることながら、それを望み、語りかけ続けた、謎のイケメンの正体と意図にも、興味を抱かせられた。
ところが、意外にアッサリ、5年前に死亡したディグマ0、コードネーム・カナリア(CV:入野自由)と正体が明かされ、その意図も、太陽を見ることなく死んだ自分と重ね合わせ、同じ道を辿らないよう心の底から香凛の事を思って、という心温まるものとして描かれていた。
……なんか肩透かし喰らったようで、いろいろと怪しいわけだがw ひとまず、それは措いといて。


そんなカナリアの存在に、最初は怯えながらも、徐々に心を開いていく香凛の姿も、中々丁寧に描かれていたと思う。
ただ籠の外に出すのではなく、そこから見える景色の中に、閉じこもっていた自分を見つけ、改めて、外に出られることの素晴らしさを実感。再び感じたその美しさと懐かしさに、大切なママの子守唄を思い出し、自分が1人ではない事を知る、といったところだろうか?
なるほど。こういう部分だけを見られたならば、非常に気持ちの良い、素敵なエピソードだったと、この感想も〆られただろう。


だが、このアニメはシャングリラだ。確かに、上で書いたような事も大切かもしれんが、そんな曖昧な事よりも、香凛が立ち直り変わったという事実、謎のイケメンはディグマ0だったという事実、結果の方が物語として重要なんですよ、という狡猾でドライな本の外の人の姿勢を、どうしてもこう……斜めから覗いてしまうw
おそらく、今回のエピソードも、香凛以上にカナリアと近しい存在である、ディグマ2の美邦様やメデューサを、どうにかするための、所謂、伏線的な意味合いが強いんだろう。
そう考えると、カナリアの正体についても、幽霊と決め付けるのはまだ早い。ディグマシリーズ特有の特殊能力なのか、あるいは、ホログラム的なものなのか? また、仮に幽霊というのが真実で、自らの意思で香凛のもとへ赴いたのだとしても、それを望み、そう仕向けた者が存在するかもしれない。


……疑いだしたらキリがねーなw


作画・音楽とかアニメ的なこと

やっぱり、夕日をバックにした印象的な外の風景と、子守歌が良かった。原作は読んでないし、原作通りだったとも限らないけど、文章を巧く映像化出来てたんじゃないだろうか?
いやまぁ、少なくとも、何かしらの演出意図がある事は十分伝わってきたw


その他言いたいこと

疑いだしたらキリが無いと書いたが、それだけ材料が豊富で、どの線も捨て難く無駄が無いとも言える。ただし、今のところは。まだどういう物語かすらも断言出来ない状態だしね。
けど、個人的には、そういった胡散臭い優等生のような部分を魅力と思って、結構楽しんでる。なんだか不人気っぽいようだが、悪くないっすよ。


FC2ブログランキング
【関連リンク】
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/06/08/anime_song/index.html

共有タグ : アニメ 感想 シャングリ・ラ SHANGRI-LA 池上永一

TrackBack


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サーバーかテンプレの不具合でトラックバックをお返しできない場合があります。申し訳ありません

シャングリ・ラ 第11話「胡鳥夢幻」

シャングリ・ラ 限定版 第1巻にゃ~~ん。 おおっ、にゃんこ、にゃんこ~~。 猫が登場した事により、この作品の魅力は格段にアップしましたことよ。 うむ、素晴らしい。 今回は謎の幽霊少年と香凛のお話。 今までほったらかしだった香凛の内面を描いてまし

[アニメ]シャングリ・ラ #11

シャングリ・ラ公式サイト 『胡鳥夢幻』 脚本:出渕裕 演出:荒井省吾 絵コンテ:もりたけし作画監督:河野悦隆 作画監督補佐:サトウミチオ 香凜(井口裕香)が何気なく思い出した唄の記憶。その記憶に呼応するように、国仁(石井真)も護り刀の声を聞く。 ■託宣 國子(高

シャングリ・ラ 第11話 胡鳥夢幻 感想

 唄を忘れた金糸雀(かなりや)は…

Comment

Secre

管理人とこのブログについて
訪問ありがとう御座います(`・ω・´)ゞ

二人の猫(仮)

Author:二人の猫(仮)
マイナーチェンジ
駄文同盟.com内蔵AIによる鑑定(マテ
リンクとかフリーです、どうぞどうぞ。
コメントやトラックバックも、もう好きなようにして。
※何気に推奨ブラウザはFirefox。IEでも閲覧可能だけど、IE7以上のバージョンからしか保障できないよ。仕方ないね。


ブログランキングの応援感謝!
FC2ブログランキング
ブログランキング

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ

月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。