スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】グイン・サーガ 第20話

「紅の密使」
グイン・サーガ 第二十話

見ようによっては、遊んで欲しそうにテンション高めの服従のポーズをとっているようにも見える。


感想

サブタイから、“不幸を呼ぶ男”の異名に相応しいサゲチンぶりを証明した、イシュトヴァーンをメインの回として感想書くべきなんだろうが、このキャラクター……あまり好きになれない。
前回は良い感じだったのに何故だろう? どうにも、小者っぷりが目に付いてしまうw 他人の運を吸い取るが如き強運を頼りに、どこまで成り上がれるかという点では、楽しませてくれるのかもしれないが、その出世が前提となってる時点で、他のキャラより1つ面白みに欠けてる気もするのよね。
ま、そういう役どころ。運命に翻弄される男、それこそ、周りの巨大な流れに乗ろうとして溺れるような男の、テンプレと言ったところなのかな? うん、頑張ればいいと思う。


一方、レムスとグインの言動、関係は相変わらず面白い。
今回、ナリスからの使者が現れた事で、危惧していた焦りが更に目立ってきたレムスだったが、グインの言葉で自信を取り戻すと言うか、目の前にある確信を再確認してるようで、そこには唯一無二・絶対の信頼があるんだと、ようやく理解できた。これは間違いなくレムス本人。
けど、当のグインは、寄せられる信頼に応えるつもりはあるものの、警戒も怠っておらずといった感じで、とうとう、「運命次第では敵味方に分かれていた」なんて言う始末。異常な評価の高さを考えれば、対等の男として扱ってるという、今のレムスにとっての最大の賛辞とも採れるが、それすなわち、対等の敵、俺にとって最も邪魔になりうる存在として見てる、とも採れるからねw それもまた、レムスにとっては嬉しい限りなんだろうが、なんとも危うい信頼関係だ。


そんなグイン一行も、3万の軍勢を率いてパロ奪還へ向かい、展開も熱くなってきた。これに奇襲作戦を目論むスカールを加え、更には、沿海州6カ国海軍、パロ周辺諸侯(国?)まで、モンゴールに叛旗を翻したとなると、相当大規模な戦争になる事は必至。
それらが全てナリスの計算通りだとすると、その戦略目的は、モンゴール軍本隊を足止めしてる隙に、パロを奪還して防備を固める、なんて温いものではなく、最初から、これを期にモンゴールを滅ぼしてしまおう、というものだったわけか。しかも、パロの王となる事が大前提にあると。大した奴だ……。


作画・音楽とかアニメ的なこと

本当に久方ぶりとなるグインの戦闘も、あまりパッとせず。瞬殺するにしても、もう少しアイデアが欲しかった。序盤のカッコ良さはどこへやら……。
ただ、全体的な作画はわりと丁寧だったように思える。馬の動きも、ノスフェラス編で見られた微妙さに比べれば、ずっと良くなってる。難しいアングルを避けたからかもしれないが。


その他言いたいこと

ミリア役の沢海陽子さんの声を、一瞬だが、バルサ姐さんと勘違いしてしまった。安藤麻吹さんも低めの良い声出すし、喋り方も似てたんだよね。こう……ばばくさi(ry イイ女っぽい所とか。


FC2ブログランキング
【関連リンク】
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/05/19/092/index.html

共有タグ : アニメ 感想 グイン・サーガ 植松伸夫

TrackBack


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サーバーかテンプレの不具合でトラックバックをお返しできない場合があります。申し訳ありません

Comment

Secre

管理人とこのブログについて
訪問ありがとう御座います(`・ω・´)ゞ

二人の猫(仮)

Author:二人の猫(仮)
マイナーチェンジ
駄文同盟.com内蔵AIによる鑑定(マテ
リンクとかフリーです、どうぞどうぞ。
コメントやトラックバックも、もう好きなようにして。
※何気に推奨ブラウザはFirefox。IEでも閲覧可能だけど、IE7以上のバージョンからしか保障できないよ。仕方ないね。


ブログランキングの応援感謝!
FC2ブログランキング
ブログランキング

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ

月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。